横の髪が跳ねやすい方のボブスタイル

こんにちは!多摩センターで美容師をしています菅原 英章です^^

今日は都知事選でもありますが神奈川の高校野球決勝であります。

横浜高校野球 対 慶應義塾 横浜リードの模様です。

今はバーチャル高校野球というサイトでネット中継もみれる時代。

すごいなぁー。

それはさておき本日のお客様

しばらくショートにしていて普段は巻いたりボリュームが出るようなスタイルにしていましたが、最近は少し伸ばしていこうかなというところ。

今回は前よりは動きをつけるというよりは少し重めな感じで内巻きになるようなスタイルに。

特にサイド、横の髪が跳ねやすく気になるという事。

前回、前々回の様子。

継続的なヘアカラーで綺麗なカラーを手に入れよう!
こんにちは!多摩センターで美容師をしてます菅原 英章です^^ 今日は先日スロウという新作カラー剤を試した方の1ヶ月後。 引き続き...

今回のビフォー

確かにサイドの髪が跳ねやすそうですね、全体的に長さが伸びてきている印象。

そしてカットは最近は<乾いた状態でカットするようになりました。

というのも濡れた状態でずっとカットしていましたが乾いた状態でカットした方が形が作りやすいです。

このサイドの跳ねも濡らしてしまえば見えなくなり何処でカットしたら跳ねなくなるのか分からないのです。

そんな状態を見ながらカット出来るので最近は専らドライカットです。

アフター

毛先を整えおさまりが良くなりました。

カラーはいつも赤みが強く出てきてしまって気になるということでしたのでマットアッシュで赤みを抑えました。

サイドの跳ねもバッチリおさまり良さそうです。

耳にかけてもおさまりが良いようにさせて頂きました。

前髪の流れからあまり動きをつけないスタイルでも重すぎないようにしています。

右サイドのおさまりも良さそうですね。

ビフォー、アフター

比べるとかなりよく分かりますね。

サイドの跳ねがキレイにおさまり全体的に伸びた部分が整ったのでおさまりが良くなりました

カラーも比べると赤みがなくキレイになりました。

こんな感じも良ければご参考下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2015年多摩センター店オープンと同時にチーフスタイリストとして従事。 特に大人女性世代のヘアカラーを得意とし「艶」「色もち」「低ダメージ」をテーマに、品のあるヘアカラーに留意している。 ヘアカラー、ヘアケアについて多織でありウェブメディア「MERY」「by.S」「THROW journal」にライターとして寄与。 個人メディア「hideakisugawara.com」では日々美容情報を更新している。