おやおや?これは?ダイソンのドライヤー

ダイソンといえば羽なし扇風機なんかが話題ですが、そのダイソンがなんとヘアドライヤーを作ったとな!!

ドライヤーはノズルなしとな!

使いにくそうだよ…

Dyson Supersonic の特徴は、ヘアドライヤーには見えない独特の形状。ヘッド部分が小さく、マイクのような小さいなハンマーのような形です。サイズは245 x 78 x 97mm (高さx幅x奥行き)。重さは618g。風量は 2.4CM/M(立方メートル/分)。

ノズルがないとどこを狙っているのか分かりにくそうにも思えますが、ダイソンではヘッド部分が小さく軽く、重心がハンドル側にあるため操作性が良く、狙った場所に風を送ることができ、従来のドライヤーより使いやすいとしています。

もうひとつの売りは、熱で髪を傷めにくいという「インテリジェント・ヒートコントロール」。サーミスタで毎秒20回計測してヒーターを制御することで熱ダメージを防ぎます。

付属品として、ピンポイントに熱風を送る「スタイリングコンセントレーター」、手ぐし用に風をやわらかく広げる「スムージングノズル」、カールやウェーブ用の「ディフューザー」の三種のマグネット式ノズルを同梱します。

カラーバリエーションは写真の「アイアン / フューシャ」と「ホワイト/シルバー」。

発売は直営店およびオンライン直販では4月28日から、全国の取扱店では5月11日から。価格は税別4万5000円。

価格は税別4万5000円。

ヘアビューザーより高いよ…

最高のドライヤー!最早ドライヤーではない!
こんにちは!多摩センターで美容師をしてます菅原 英章です^^ 今更感はありますがヘアビューザー うん、まさに美容革命だよ。 密...

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2015年多摩センター店オープンと同時にチーフスタイリストとして従事。 特に大人女性世代のヘアカラーを得意とし「艶」「色もち」「低ダメージ」をテーマに、品のあるヘアカラーに留意している。 ヘアカラー、ヘアケアについて多織でありウェブメディア「MERY」「by.S」「THROW journal」にライターとして寄与。 個人メディア「hideakisugawara.com」では日々美容情報を更新している。