美容院に来てお待たせしたくないという想い。

こんにちは!多摩センターで美容師をしてます菅原 英章です^^

3月は卒業式などがあったりで忙しい月でありました。

皆様いつもご来店頂きありがとうございます。

そんな忙しい時期に落ち入りやすいのがお客様をお待たせしてしまう。
という事が起きてしまう事があります。

自分自身もあまり待たさられるのは好きぢゃない

食事に行ったり、医者に行ったり、買い物に行ったり色々な場所で待つという事があるかと思いますが、基本的に待つのが好きではありません。

ましてや予約をしていてかなり待たされるとなるとちょっと不審にすら思ってしまいますね。

美容院でも同じ事がいると思っていて、お客様も前もって予約をしてくださっていますし、早く終わるに越したことはないと思っています。

予約をしている時間になっても待たせるというのは極力避けたいですね。

サロンワークをしている時は髪の施術の事は勿論そうですが、そういったお待たせしていないか、お客様一人一人の滞在時間をなるべく短くする。
という事も常に考えながら担当させて頂いています。

勿論お待たせしないためにアシスタントにカラーを塗ってもらう。

なんて事はしませんよ。

カラーは100%私自身が塗ります。

上手くお待たせしない様な状況を作る

今担当している方や、次にご来店される方などの時間配分を気にしないで流れのままにやっていると確実に後に詰まってしまったり、極端にお待たせしてしまったり、仕事にムラが出来るのは明白です。

空いている時は丁寧にやってもらえるけど忙しい時は何だか雑だった。なんていう事は良くある話ですよね。

空いている時でも忙しい時でも同じスピードで仕上げる事がお客様にとっても良いのではと考えています。

ほんの少し考える事で上手くお待たせせずに出来る事ってかなりあると思っています。

予約の取り方にしても待たせてしまう時間配分では決して予約はとりません。

こちらとしてもお客様としても無理に予約を取ることにメリットってないんですよね。

そんな事を考えながら今年度も最終日となりました。

また明日からは新年度として気を引き締めてやっていきたいなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2015年多摩センター店オープンと同時にチーフスタイリストとして従事。 特に大人女性世代のヘアカラーを得意とし「艶」「色もち」「低ダメージ」をテーマに、品のあるヘアカラーに留意している。 ヘアカラー、ヘアケアについて多織でありウェブメディア「MERY」「by.S」「THROW journal」にライターとして寄与。 個人メディア「hideakisugawara.com」では日々美容情報を更新している。