バッサリンコかっとした。

去年になってしまいますが社会人になってからわざわざ千葉から通って行くれていた方をバッサリとカットさせて頂きました。

ビフォー

結構長いですよね。

いつも割とお任せな感じでさせて頂いてて

ただカラーに関しては

「染めたと分からないようにカラーをしたい」

とそんなご注文があります。

最初は全体を塗らずにカラーしていったんですが、徐々に物足りなくなってしまいますよね。

最終的には全体カラーしたんですがこれも染めたと悟られないような工夫を凝らしカラーをさせて頂きました。

結果全然気付かれなかったと…

いやはや良かったのか悪かったのか…

話がずれましたね。

そんな彼女に前髪もずっと長かったんで一年くらいでしょうか

ずっと短く切ろうとアプローチしておりました。

その都度また今度となっていましたが

今回は年内で仕事をやめ更には静岡の実家に帰られるということで、これはもうバッサリとカットするしかないだろうと。

前々から仕事の話なんかを聞いていたので、今まで溜まった惡き物を全て取り払い新たなステージへといけるんではないかと思った訳なんです!

(決して無理矢理ではないんですよ。)

アフター

髪質的にボブよりショートよりの方が断然似合うと思い躊躇する事なくバッサリとカットさせて頂きました。

結果

気に入ってくれたようで良かったです!

2016年は開運間違いなしと応援してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2015年多摩センター店オープンと同時にチーフスタイリストとして従事。 特に大人女性世代のヘアカラーを得意とし「艶」「色もち」「低ダメージ」をテーマに、品のあるヘアカラーに留意している。 ヘアカラー、ヘアケアについて多織でありウェブメディア「MERY」「by.S」「THROW journal」にライターとして寄与。 個人メディア「hideakisugawara.com」では日々美容情報を更新している。