自宅でのパーマスタイリング方法のコツ【動画あり】

こんにちは!多摩センターで美容師をしてます菅原 英章です^^

秋花粉にやられ毎朝薬を飲んでなんとか耐えしのんでおります。

さて最近はかなり乾燥してきて暑い時期とはまた違った髪の広がりになってしまう方も多いのではないでしょうか?

しっかりトリートメントしたりブローしてもどうしても広がってしまってどうしようもないという、そんなあなたに。

朝起きたらまずは寝癖をとるために髪を地肌から濡らしましょう!

一度乾いた髪はワイシャツと一緒で癖がついたら一度濡らしてあげないと癖はとれません。一度濡らしてから乾かしましょう!

乾かす前もこの季節は保湿系のトリートメントがオススメです!アウトバストリートメントはオイルタイプ、クリームタイプとありますがクリームタイプの方が比較的油分も多めなのでクリームタイプがいいですよ。

お肌と一緒で乳液みたいにクリーム状のトリートメントが保湿力が高く乾いた後も落ち着きやすいですよ。

オススメはこちら

ダメージレメディー シリーズデイリー リペア

トリートメントをつけたら乾かしていきましょう!乾かす時もドライヤーの風は上から下に向け乾かしてあげるとボリュームが出にくくなりますよ

ここまでちゃんとやってるけどそれでも広がってしまうんです。。。

という方も結構いらっしゃいます。

かなり量が多くて乾燥しやすい方、大変ですよね。もう結ぶしかないとなってしまいますね。

そんな方にオススメなのがムース!

よくパーマでは使われますがなかなかかけてない方は使ったことがない人も多いのでは?と思いますが

ムースは水分と油分を多く含んでいるので、髪を洗った後濡れている状態って一番広がりが少なくないですか?

そんな状態を作るためにムースをつけてあげると乾燥での広がりも気にならないと思いますよ!

ムースのつけ方も難しいので分かりやすい動画を見つけました!(自分で撮ってない。。。)

ぜひご参考ください!

ABOUTこの記事をかいた人

2015年多摩センター店オープンと同時にチーフスタイリストとして従事。 特に大人女性世代のヘアカラーを得意とし「艶」「色もち」「低ダメージ」をテーマに、品のあるヘアカラーに留意している。 ヘアカラー、ヘアケアについて多織でありウェブメディア「MERY」「by.S」「THROW journal」にライターとして寄与。 個人メディア「hideakisugawara.com」では日々美容情報を更新している。